2018/12/13 乳牛の尿腟への対処法として人工授精前のオゾン洗浄の効果を検討した論文を読んでみた


尿腟の牛の受胎率があまり良くないっていうのは現場の感覚として持っている人は多い。しかし、論文でそれが証明されだしたのは結構最近だったりする。腟検査も嫌厭されがちなので、研究している人も少なく論文が少ない。さらに、その対処法となると手術法の検討がほとんど。前から気になっていた、牛の尿腟への対処法として人工授精前のオゾン洗浄の効果を検討した論文(10.1111/j.1439-0531.2011.01857.x)を読んでみた。


  • 【背景】
    尿腟は乳牛の受胎性を大きく下げる要因担っている。これまでに対処法は手術が報告されているが、経済的でなく、欠点も多い。
  • 【目的】
    実践的で、侵襲性が少ない尿腟の対処法を模索すること。
  • 【材料と方法】
    軽度、中度、重度の尿腟と診断した乳牛1219頭を治療法によって3群に分けた。生理食塩水による子宮と腟洗浄(group A, n = 400)、streptomycinの抗生物質による子宮と腟洗浄(group B, n = 400)、そして、オゾン水による子宮と腟洗浄(group C, n = 419)。処置は尿を除去した後に行い、処置後は排卵剤を投与してAIを実施した。
  • 【結果】
    オゾン水を使用したGroup Cが最も良い成績だった(平均受精回数、空胎日数、淘汰率)。
    The ozone treat- ment was found to be the most effective treatment modality, resulting in the shortest period of days open (95, 89 and 79 days in groups A, B and C, respectively; p < 0.05), the fewest number of inseminations until pregnancy (2.38, 1.84 and 1.63 in groups A, B and C, respectively; p < 0.05) and the smallest number of culled cows (20, 23 and 12 in groups A, B and C, respectively; p < 0.05)
  • 【結論】
    オゾン水による洗浄は尿腟の乳牛の繁殖性を改善する有効な治療法だ。

  • 尿腟の悪影響は、子宮内膜炎と精子への影響が分かっているけど、子宮内膜炎の影響のほうが強そう。発情期に尿の逆流がきっとあるのだろうなぁ。難しいのは、洗うだけでは不十分っぽいところ。オゾン水には迅速な抗菌作用に加え、局所免疫も刺激するらしいのでそこが良かったのかもと触れている。

    でも手法を見ているとオゾン水洗浄もそれなりの労力がかかる。手術での根治を目指すか、悩ましいような気もした。

    ただ単にAI時に尿へシース管が触れなければ良いかなぁっていう考えでは効果が薄いことはよくよく分かった。

    Bibliography

    2018/12/9 精子形成と性的活動を侵襲無く知る方法ついての論文を読んでみた


    最近、尿が精子の活動に及ぼす影響を知りたくて論文を探している。PubMedで検索していると、フリーの以下の論文を見つけた。精子形成と性的活動を侵襲無く知る方法ついての論文(10.1038/aja.2012.2)をまずは読んでみることとなった。


  • 【背景】
    精子形成と性的活動を知るには、アンケートや射精精子の検査が一般的。けど、アンケートは客観性に欠けるし、射精精子は嫌がる人も多い。尿として排出された精子やPSA (prostate-specific antigen)でその代替ができないか?
  • 【目的】
    尿として排出された精子やPSAから精子形成と性的活動を知ること
  • 【材料と方法】
    Of 11 healthy volunteers who provided urine samples before and at intervals for 5 days after ejaculation, sperm was present in 2/11 men before, and in all 11/11 samples immediately after ejaculation, but by the second and subsequent void, spermatozoa were present in ,10%.
  • 【結果】
    PSA was detectable at high levels in all urine samples, peaking at the first post-ejaculatory sample but returning to baseline levels by the second post-ejaculatory void.
  • 【結論】
    初回の排尿に限られるが、尿として排出された精子やPSAは精子形成と性的活動を知る客観的なマーカーになる。

  • PSAっていうのは、精子に特異的で法医学の検査でも用いられているようだ。なるほどーと思うけど、僕の知りたい情報はほぼ皆無。次を当たろう。

    Bibliography

    2018/12/2 胎児の中手骨・中足骨の太さがホルスタイン種乳用牛の難産を予測する指標になるかを検討した論文を読んでみた


    胎児の中手骨・中足骨の太さがホルスタイン種乳用牛の難産を予測する指標になるかを検討した論文(10.3168/jds.2018-14658)を読んでみた。

  • 【背景】
    未経産牛の約5割、経産牛の約3割が難産だったという報告がある。また、難産の一般的な原因は在胎期間と、胎児と骨盤腔の不均衡である。そして、胎児と骨盤腔の不均衡の2大要因は子牛の体重と母牛の骨盤腔の大きさである。
  • 【目的】
    ホルスタイン種乳用牛の妊娠末期における胎児の中手骨・中足骨の太さが出生時体重と難産を予測できるかを検討する
  • 【材料と方法】
    妊娠期間265-282日の母牛128頭に経直腸超音波検査を実施し、胎児の中手骨・中足骨の太さを測定(図1, 2)。

    分娩のスコア化は以下に従った。スコア1(自然分娩)は無介助、または、一人でのわずかな介助分娩。スコア2(lightな難産)は足胞の出現から2時間経過、または、一人での機械を使用しない中程度の牽引。スコア3(mildな難産)は2人での機械を使用しないかなりの牽引。スコア4(severeな難産)は3人でのかなりの牽引、または機械を使用した牽引。スコア5は帝王切開、切胎。

    子牛の体重は出生直後に測定した。

    母牛と子牛の足の太さを考慮するために、MCTI(母牛体重kg / 中手骨・中足骨の厚さcm)という新概念を用いて検討した。

  • 【結果】
    ①93.3% (104/128)の子牛を測定できた。104頭のうち、単子は93.3%、双子は6.7%であった。単子の分娩の44.3%が難産(スコア2以上)だった。単子の分娩の92%が頭位であった。

    ②難産発生を目的変数としたロジスティック回帰分析では、MCTIを説明変数としたモデルが最適であった。そのモデルにおけるオッズ比は2.07 (CI=0.002~11.104)であった(表1)。

    ③中手骨・中足骨の太さと出生時体重には正の相関が認められた(r = 0.43, P < 0.001, 図3)。

  • 【結論】
    MCTIという概念は、調査項目の中では難産発生の予測に最も適していたものの、すべての難産を予測するのは困難。難産率は「難産の定義」と分娩の管理方法により大きく異なるため、他の牛群で同様の難産スコアをした上で、MCTIの有用性を再検討する必要がある。
  • 【感想】
    分娩前に足を触れない場合はたまにあるので、その時は評価できない。けど、ちゃんとエコーで測定できれば、子牛の過大の推定はできるって話か。難しいのは、「難産」を決めるのは子牛の腕の太さや体重だけではないってこと。確かに、「サイズが原因の難産」は頭部および両前肢の大きさや胴回りと骨盤腔の広さの問題なんだろうから。
  • Bibliography

    2018/11/24 乳牛の妊娠後期から泌乳初期における飼料中リンの低減が血中カルシウム濃度に及ぼす影響についての短報を読んでみた


    乳牛の妊娠後期から泌乳初期における食餌性リンの低減が血中カルシウム濃度に及ぼす影響についての短報(10.3168/jds.2018-14642)を読んでみた。

  • 【背景】
    周産期の低カルシウム血症は乳牛において経済的損失が最も大きい疾病の一つである。これまでに、妊娠後期の飼料中リンの過剰給与が周産期の血中カルシウム濃度に悪影響を及ぼすことが分かっている。
  • 【目的】
    妊娠後期からの飼料中リンの低減が周産期の血中カルシウム濃度に及ぼす影響を明らかにすること。
  • 【材料と方法】
    18頭の経産牛をランダムにコントロール群と低リン群の2群に分けた。コントロール群ではNRC2001に沿ってリンをリン酸水素ナトリウム給与し、低リン群では給与しなかった。分娩-28, -10, -2日, 分娩後+1, +3日で採血し、カルシウム濃度、無機リン濃度、副甲状腺ホルモン濃度、骨吸収マーカー濃度を測定した。
  • 【結果】
    ①乾乳期用TMRのリン濃度は、コントロール群で0.28%、低リン群で0.15%となった。泌乳期用TMRのリン濃度は、コントロール群で0.44%、低リン群で0.20%となった(Table 1)。

    ②血中のカルシウム濃度と副甲状腺ホルモン濃度は分娩前に両群で変化がなかったが、無機リン濃度は低リン群で有意に減少し、骨吸収マーカー濃度は低リン群で有意に上昇した(Figure 1, Table 3)。分娩時にコントロール群で副甲状腺ホルモン濃度は有意に上昇した(Table 2)。

    ③分娩後分娩後+1, +3日で、血中のカルシウム濃度は低リン群で有意に上昇した(Figure 1)。また、分娩後+3日で骨吸収マーカー濃度も低リン群で有意に上昇していた(Table 2)。

    ④臨床型の低カルシウム血症は、コントロール群で33.3% (3/9)に発生したが、低リン群では0% (0/9)だった。

  • 【結論】
    分娩後の低カルシウム血症予防のためには妊娠後期の飼料中リンを低減した方が良さそうだが、その潜在的な悪影響については今後さらに精査する必要がある。
  • 【感想】
    分娩→低カルシウム血症→副甲状腺ホルモン濃度上昇、というのが牛の生体反応。それを、飼料中リン濃度低減→血中無機リン濃度減少→骨吸収増加→結果として血中カルシウム濃度が高く推移という解釈。取り組みとしては簡単に実行できるし、何よりも農家に理解してもらいやすそうだ。
  • Bibliography

    2018/11/19 乳牛における乳房炎が流産に及ぼすに影響とその被害額についての論文を読んでみた


    乳牛における乳房炎が流産に及ぼすに影響とその被害額についての論文(10.3168/jds.2018-14619)を読んでみた。

  • 【背景】大腸菌やStreptococcus uberisによる臨床型乳房炎では血中のPGF2αや炎症性サイトカインが放出されることにより、黄体退行が促され、その結果流産が引き起こされることが分かっている。これまで、臨床型乳房炎による経済的損失は平均155~179ドル/caseと推定されているが、流産の可能性を損失として考慮されていない。
  • 【目的】交配前や妊娠中に発生した臨床型乳房炎、非臨床型乳房炎と流産の関係を調べること。また、流産リスクを考慮して、妊娠中の臨床型乳房炎の被害額を推定すること。
  • 【材料と方法】
    約500頭を飼養する大学の酪農場における、2006年から2013年で、空胎日数175日未満の初産牛687頭のデータを使用。プレシンクとオブシンクのプログラム(TAI)を併用し、TAI後33日で受胎が確認されたものをデータとして使用。夏期にはETを実施。流産はTAI後47, 75日の直腸検査で評価した。

    臨床型乳房炎の定義は、明確な乳汁の異常があり治療を行ったもの。非臨床型乳房炎の定義は体細胞スコアが4.5以上だったもの。

    牛は以下の3群に分け、それを交配前1~42日と妊娠期間中とで評価。①乳房炎に罹患しなかった牛、②非臨床型乳房炎に罹患した牛、③臨床型乳房炎に罹患した牛。

  • 【結果】流産率は12% (119/991)で、臨床型乳房炎発生率は23% (232/991)だった。

    多変量解析で、交配前の乳房炎と流産に関連は認められなかった。一方、妊娠期間中の乳房炎と流産には関連が認められ、そのモデルにおけるオッズ比は臨床型乳房炎が2.21 (P = 0.04)、非臨床型乳房炎が0.65 ( P = 0.45)だった(表2)。そのモデルには他に交配方法(ETにおけるオッズ比は2.04, P = 0.02)と交配前の跛行(Yesにおけるオッズ比は4.13, P = 0.02)の説明変数が選択された。

    妊娠75日までにおける流産の経済的損失は$148.99 / caseだった(表3)。

  • 【結論】妊娠期間中の臨床型乳房炎は初産牛の流産のリスクを上げ、経済損失につながる。
  • 【感想】単変量→多変量→その結果を用いた経済評価、という流れでとってもシンプルで読みやすい論文。結果は臨床の感覚と一致していて、当たり前のように思えるがそれをデータでしっかりと示されている。我々の現場のデータでもこのようなデータ解析は可能なので、目的を持ってしっかりと取り組めばJDSへの掲載が可能だ!
  • Bibliography