2021/7/21 子牛の感染性関節炎に行った関節切開術


今年の関東しゃくなげ会の講演で、鳥取大学の先生が「牛の感染性関節炎には関節切開術!」と推していたので、早速やってみました。


子牛の右前肢は関節炎のため負重できなくなっていた。すでに手根関節は開口し、膿を排出。穴は骨に達していた。開口部より関節洗浄を行ったが、状態の変化はなかった。


関節切開術を実施した。手根関節を横に切開し、不正な組織をむしり取るように徹底的に除去した。関節腔も開放状態となった。皮下組織は縫えなくなったので、皮膚だけ縫合し、ドレーンを設置した。プラスチック包帯で上下の関節を固定した(0日目)。

ドレーンは2日で詰まってしまい、除去した。キャスティングテープを11日目で除去すると、患部は癒合しつつあった。再度キャスティングテープで上下の関節を固定した。

手術後22日目にプラスチック包帯を再び除去すると、患部の癒合はさらに進んでいた。伸縮性包帯のみで創面を保護した。

手術後27日目には創面は癒合し、傷も目立たなくなってきた。しっかりと負重し、起伏に問題はないので治療を終えた。手根関節も軽度に曲げることができた。


今までなら、開放性の感染性関節炎は関節洗浄を行っても奏功しないので、予後不良だと思っていた。関節切開術は目からうろこの治療法だと思った。

2021/10/2追記

1. 当初、プラスチック包帯と書いてありましたがキャスティングテープの誤記ですので訂正しました。

2. この子牛は無事に市場で売れました。平均価格よりは約10万円低い価格でした。

2021/5/7 尿膜管遺残だけ


最近は理由があって牛の手術を積極的に行っている。診療依頼のあった臍の腫脹も、手術にて整復することにした。

バリカンが無かったので、不本意ながら剃刀で剃毛してから手術開始。腫脹部位は摘出して、腹膜を閉じて、筋層と皮膚を縫合した。

尿膜管がキレイに臍と融合して、ヘルニアとして腹腔外へ脱出していた。当初、尿膜管の存在に気付かず、切開して尿が出てきてビックリ。断端は結紮してから腹腔内へ戻した。コレの遺残だけの病変ってのも珍しい。