2022/3/7-13 獣医学科の学生の受け入れを行いました(第2号)


動物病院を開業してから、二人目の実習生の受け入れを行いました。(ちなみに、一人目の実習生は私の娘です。)今回の実習生は、日本大学の獣医学科の3年生でした。

大動物の実習はまだまだ経験が少ないそうで、直腸検査と超音波画像診断の所見をたくさん見てもらいました。また、多数の人工授精と受精卵移植に加えて、正常な分娩過程も内診でき、さらにNOSAIの蹄病治療も見学し、症例も豊富でした。


高解像度の超音波診断装置を導入しているので、多数の動画を見てもらうと画像診断は感覚的にすぐに分かるようになりました。

さらに、埼玉県への牧場視察、おからサイレージの作成現場の見学にまで同行してくれたので、広い視野で酪農を学ぶ機会になったのではないかと思います。これらの実習の経験が、今後の学習や将来の決断に少しでも繋がってくれたら嬉しいです。


僕は、臨床、研究、教育の実践を現場で行いたいと思い動物病院を開業しました。これからも実習生の受け入れは積極的に行っていきたいと考えています。興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*