2022/4/6 輸入されたホルスタイン受精卵の移植


5年ほど前から、輸入されたホルスタイン受精卵の移植を定期的に依頼され、行っています。高額の受精卵なので(20-30万円/個)、毎回大変緊張します。

受精卵の質が良いのに加え、未経産牛のレシピエントへ移植していった結果、受胎率は通算で90%を超えました(19/21で受胎)。新鮮胚の受精卵移植でもこれほどの成績は出ていないので、驚異的なことです。畜主も喜んでいるので、こちらとしても嬉しい限りです。

産まれたホルスタイン種メス牛からも、未経産時点での体内胚生産を開始しました。これらのメス牛の今後の活躍が楽しみです!

No tags for this post.

「2022/4/6 輸入されたホルスタイン受精卵の移植」への2件のフィードバック

    1. 船曳さん
      コメントの返信が遅くなりました。ご質問の項目ですが、資料が手元になくお答えできないです。証明書を作る時などに見ておけばよかったですね。次回に注意しておきます。なお、野澤組の輸入受精卵ですと少しは情報が載っていますね。
      https://www.totalapproach.co.jp/cow/embryos/embryos.html

daimode へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*